★平成28年9月24日より、アニマルコミュニケーター様をお迎えし、イベントを継続しております。 参加頂いたお客様より、体験談を頂戴しましたので、今後の参考にして頂くために、下記にアップさせて頂きます。

 

・A様の体験談
まず聞きたかったのは身体の事でした。エネルギーの少し薄い箇所とモヤがかかったようになっている箇所を言われ、すぐに思い当たりました。以前から兆候は見られたのですが大事にはなっていなかったので、私の意識が薄れていたことにハッとしました。改めて気にかけておかないと。そして、今一番気にかかっていた箇所は仰いませんでした。主治医と周りの意見が違い、どうしようか悩んでいたので私から聞いてみると「そこはあまり気になってないみたいです。」とのこと。あー良かったって思いました。私のポイントは本人が今痛いかどうかだったので、方向性を決めることができました。痛くもない所だから先生は気にされなかったのねって納得もできました。
穏やかな空間で和やかに話をされる先生に、うちの子達もリラックスしていました。二頭の関係性、家族への想いは 納得したり意外だったり、普段見ていないとわからない様な事も話されるので、うちの子達が発信してるんだなー、私もわかるようになりたいって思いました。

・B様の体験談
実のところ、最初はあまり信じていなかったのですが、○○の前世の話や不思議な行動に関してその訳をお話いただき、確かにそうだなあと思うことがいっぱいありました。○○は大型犬にしては、行動が小型犬(愛玩犬)のような感じだなあとずっと思っていたのですが、前世はずっと小型犬で、今回、初めて大型犬になったとのことで、自分が大型犬だという意識があまりないと言われたときは、主人と2人で「なるほど!」と納得できました。
先代犬に関しては、実は高尚な役割を亡くなった今でも果たしてくれていると聞き、生前の行動とはかけ離れていたのでびっくりしました。ただ、たくさん先生に話をしていてくれたみたいで、なんだか私まで先代犬を感じることができとても楽しかったです。他にも先代犬について、今まで知りたかったことが聞けて、今まではただ、会いたい会いたいと悲しい思いしかなかったのですが、かなり気持ちが楽になれました。
テレビなどでスピリチュアルカウンセラーさんのことは知っていて、ずっとお会いしたいと思っていたのですがどうすればいいのだろうと思っていたので、今回のような企画をしていただき、本当に感謝しています。ありがとうございました!

・C様の体験談
1時間のsessionを受けました。
お迎えする前は、先生はとても霊感が強くて神がかっている方と想像してとても緊張しましたが、お会いした瞬間、期待?に反して、気さくで飾らない温かい方だと分かりました。
そのお人柄の良さのお陰で、まるでお友達と楽しいおしゃべりをするように、1時間があっという間に過ぎてしまいました。
約一年前、まだ3歳8ヶ月だった2番目の子をい捻転で亡くして、今でももっとしてあげられることがあったのでは?と心残りでしたが、お話を伺っていりうちに不思議なくらいスーッと楽になるのを感じました。本当にありがとうございました。
またお会いして楽しくおしゃべりがしたいです。

・D様の体験談
先日は、大変お世話になりました。
また、アニマルコミュニケーターのイベントを企画して下さり、ありがとうごいざいました。○○君が来年の1月で11歳になります。寿命が短いバーニーズにとっては喜ばしいことなのですが、やはり今まで普通にできてた車の乗り降りが困難になってきたり、散歩のペースが遅くなったり、1日中寝ていたり等々、“老化”を感じることが多くなってきました。
ふと「私はこの子達のおかげでいやされ、毎日楽しく生活できてるけれど、この子達はどうなのかなぁ~?」と思いはじめました。そんな時、ベルンさんのイベントを知り、「これだ-!!」と思ってすぐ申し込みをしました。
○○君、△△君、□□ちゃんが幸せだと言っている事、△△君のオレ様行動の理由、それを○○君がどう思っているか、○○君、△△君、が私と□□ちゃんを守ってくれてること等々、びっくりしたり、納得したり、ウルウルしたり、笑って閉まったり、胸のつかえが取れてスッキリしました。
これからのワンライフも楽しく過ごしていけそうです。本当にありがとうございました。

・E様の体験談
初めてのアニマルコミュニケーションということもあり、旅行のついでに気楽な感じで申し込みました。以前大きな怪我をした事があり、その事がトラウマになってないか気になっていたのでお聞きました。幸い「ケガの事は特に気にしてないみたいです」との事で安心しました。そして、今は亡き先住犬が生前、まだ子犬だった○○ちゃんを「この子が叱られないよう上手に誘導して教育してくれていたみたいです。」と言われ、子犬にしては手のかからない子だったので「そうだったんだ。」と先住犬の想いに触れる事が出来てうれしかったです。現在、同居している大型犬との関係もお互いを尊重しあってると知れて嬉しかったです。初めての体験でしたので最初は何をどう聞いたら良いのか分かりませんでしたが、終始和やかな感じで、愛犬達もリラックスしてカウンセリング(先生と対話)をしてました。今回このような企画をして頂き、ありがとうございました。

・F様の体験談
初めてお目に掛かる先生は、お名前の通りほんわか温かく 笑顔の優しい方でした。
いつもなら知らない方に対し吠えまくる父親犬Bは、主人に抱かれたままそっぽを向いていました。全くの無視です。いつもなら知らない方にでも、尻尾を振り振り愛想を振りまく息子犬Mは先生の正面に座った息子の膝の上でじーっとお顔を伺っていました。
先生は「Bさんは私に全然興味がないわ。Mさんはすごく警戒して 私を観察してる。」とおっしゃいました。
BもMも先生を受け入れないので、始めに4月から社会人になる2人の息子が進む道についてご相談しました。それまでの笑顔が真顔になって 、じっと息子を見てからゆっくり感じるままにお話して下さいました。
それは、2人に話した事が逆だったら当てはまらない程、的を得ていて驚きました。ひと通り息子達への助言が終わった頃、様子を伺っていたMが、息子の膝からテーブルを渡り、先生の口元にチュッとキスをして、そのまま胸に抱かれました。
事前に相談事を書いてカウンセリングシートを提出するのですが 、私達は愛犬との生活に満足していて、特別な事は書きませんでした。失礼な言い方をすれば、愛犬達の情報を一切お知らせしなかったのです。その場でBとMがお互いをどう思い生活しているか。また、お互いの性格についてお話して下さいました。
それは 、私達家族が感じているものとは真逆な事もあって、見方を変えると 「確かにそうだ。そうゆう事だったのか。そうゆう所もあるのか。」と感心する程でした。過去世についても教えて頂き、なかなか面白くもあり、大切に思う気持ちが増しました。
楽しい時間はあっと言う間に過ぎ 、後から「もっとあれこれお伺いすれば良かった」と思い、「いつか もう一度お会いしたい」と、またの機会が楽しみにもなりました。
一時は、予約したものの、参加する意味に悩みキャンセルも考えましたが、ママさんが親身に相談に乗って下さり、気楽にお邪魔する事が出来ました。参加して本当に良かったです。
先生、そしてパパさんママさん、素敵な時間をありがとうございました。

・G様の体験談
この度はアニマルコミニュケーターのイベントに参加させて頂き、ありがとうございました。
特に相談したい事があったわけでもなかったのですが、秋の車山を楽しみがてら・・・と軽い気持ちで参加させて頂きました。
まず、先生が普通の方でとても良かったです。
(もちろんいい意味で)
というのも、想像では占い師のような衣装(?)や見るからに別世界という感じの方かと思っていたのです(笑)。
穏やかな語り口と、ゆったりした雰囲気で、私達もわんこ達も緊張せずにお話しさせて頂きました。
うちの子はみな保護犬で、警戒心が強く、初めて会う人には吠えたり、威嚇したり、多少なりともあるのですが、先生に対してはほぼありませんでした。
次女だけが最初にワンワン吠えてしまったのですが、先生曰く「聞いて!聞いて!聞いて!」と
最初からやる気満々だったようです。
次女が1番、人に対しての警戒心が強く、決して家の外で会う人に甘えるようなことは無かったのに、60分のセッション中、ずっと先生のそばから離れずに撫でてもらっていたことが驚きでした。長女も三女も、とても寛いでいて、家族以外の前で、こんなに短時間にリラックスするなんて意外でした。
お話を伺ったところ、「うん、うん」「やっぱり」と納得することも多かったのですが、
「どうして先生には分かるんだろう・・・?」と不思議に思うこともしばしばでした。
私達は特にお尋ねするつもりは無かったのですが、次女が「どうしても私達に知っていてもらいたい」と、我が家に来る前の辛い過去を話してくれて、先生にお会いしなければ永遠に知ることが出来なかっただろうと思いました。
長女や三女の思いも、先生を介して聞くことが出来て本当に良かったです。
大げさに聞こえるかもしれませんが、これからもこの子達を守ってあげたい。
二度と辛い思いをさせたくない。という気持ちを新たにしましたし、より絆が深まったような気がします。
また機会がありましたら、是非参加させて頂きたいです。
本当にありがとうございました。

・H様の体験談
アニマルコミュニケーションてどういう事を聞けばいいの?先生は霊能者的な感じ?って…初めは訳分からず興味本意で受けました。
でも、先生はとっても気さくで楽しいお方でお話しもじっくりと聞いてくださいました。
お出掛けや旅行が好きな私達で、いつも一緒に連れて行くのですがこの子は嫌じゃないのか?楽しんでくれているのか?
普段のお散歩が嫌いな理由も聞く事ができました。
色々と聞いていく事でなるほど〜と納得する事が沢山‼‼
去年亡くなった実家の2頭の愛犬の事も聞く事ができました。
最後は病気で苦しんだので実家の母もその事をずっと気にしていました。でも、『凄く可愛がってもらえて幸せだった』って聞けて母も胸のつかえが取れ、
安心した様です。 私も気持ちが楽になりました。
初めは半信半疑で受けたアニマルコミュニケーションでしたが、とても参考になりました。
益々この子との時間を大切にしようと思いました。

・I様の体験談
テレビの『志村どうぷつ園』をよく見ていて、動物と話せる『ハイジ』という人のことを知 り、世の中にはこんな人がいるんだ、我が家の犬たちの話もきいてみたいと思っていました。
そうしたら今回、ベルンさんでアニマルコミュニケ一ターイベントを知り、 参加させていただきました。
我が家には昨年5歳で血管肉腫で亡くなったバーニーズマウンテンドッグのAと、 2年前に保護したチワワMIXのB、C、D(推定3歳)と、1歳3ヶ月のバーニーズマウンテンドッグ のEがいます。
先生には、Aと3匹の保護犬との関係、Aの治療中の気持ち、Eと3匹の兄ちゃん達の関係など、 日頃、大連がどう思っているんだろう?としりたかったことを質問しました。
どの質問にも先生は、丁寧に答えて下さり、人間が思う以上に犬は飼い主を思い、 それぞれに個性があ、人間にはわからないけど、コミュニケーションを取って生活している 事がわかりました。
おかげで益々この子達が可愛くなりました。 この度は、本当にありがとうございました。

・J様の体験談
以前から興味があり、今回参加させていただきました。
うちには半年前から家族に迎えた元保護犬の子がいます。
うちに来る前の生活の情報がほとんど無かったので、それを含め、うちに来てからのその子の気持ち、また先住犬2頭の気持ち等、お聞きしたいと思いました。
目も見えず、体にたくさんの傷があったので、心の傷も気になっていました。
先生はその子が大変な目にあったことを具体的に話されました。
今が幸せなので、辛い過去を忘れたがっていること、先住犬達も抵抗無く自然体で受け入れていることを話して下さいました。
犬達の気持ちがよく分かり、私達夫婦も心から嬉しく思いました。
それから、数年前に若くして亡くした子のことも色々気になっていたことがあり、写真で見ていただき、その子の気持ちも聞くことができました。
お話を聞き、短くても充実した楽しく濃い時を過ごせたんだと改めて思い、随分気持ちが楽になりました。
今回参加させて頂き、本当によかったと思いました。
先生、それから時間の調整をして下さったベルンさん、ありがとうございました。

・K様の体験談
今回のセッションは、家族全員が特別な気持ちで臨みました。
予約してから数ヶ月後の愛犬Aの8歳の誕生日に肺腺癌だと言われ、 余命1週間~1ヶ月と宣告されました。
その日からセッションを受けるべきか迷いました。 Aの命が絶ぎれてしまう悲しみと戦う毎日でした。
家族全員が、A一色の毎日になりました。
幸いにも丸山ワクチンと出会い、考えられない程、生き生きとしています。
体重は日に日に軽くなっていきますが、いつしかベルンさんに行くこと、 アニコミのセッションを受けることが家族の目標となりました。
今までは私達をAがどう思っているかでしたが、それよりもAが自分の病気を分かっているのかが関心の1番になりました。
苦しいのではないか心配でした。
今回、アニコミのセッションの時、先生の話を 聞いて一番好きな食べ物を聞いてもらった所、緑の長いものが好きと言われ、
ブロッコリーの茎が大好きなど、沢山Aのことが分かったと同時に、Aが自分の 病気のことを気にしていないことを知り、私達の気持ちが楽になりました。
今回、セッションを受けてから、次の目標ができました。
また、家族全員、Aと一緒にベルンさんに行きたい!

・L様の体験談
3回目のアニマルコミュニケーションに参加しました。
1度目 置き去りの子を保護したのが1頭目のバーニーズです。 アニコミに参加した時はすでに何年も暮らした後でしたが、前の暮らしを知りたいのと、
好きな事 嫌なこと…今の暮らしをどう思っているのかをお聞きして、納得でき、何故水が嫌いなのか…謎が解けました。先生のお部屋に入ると…
これね⤴素敵ね!って…⁇愛犬に話す先生…聞くと、ロビーでお会いした時にこれパパとお揃いなの…と嬉しそうに先生に話したそうです。
首輪に付けているチャーム 主人のネックレスのチャームとお揃いなんです。 その時主人はその場にいませんでした。そういう感情がある事に大変驚き、
嬉しく思い、大切な宝物となりました。
2度目の参加は.我が子のような存在だった子を亡くし、間も無くの事でした。偶然にも1室空きがあり、急いで予約。 何故突然逝ってしまったのか、
理由も分からなかった私達は、1度お会いした事のある先生にお聞きしたいと思い急遽 車山へ、お会い出来て、少し理由もわかり、感じている事、
どうして欲しいのか…などを聞く事が出来ました。この時、1枚の里親を探している子の写真を持参しました。 愛犬を突然亡くした翌日に
舞い込んできた里親を探している子…気になり、お聞きし、決心がつきました。この子は後に家族となりました。
3度目の参加は、先代を亡くし、四十九日も過ぎたのに、まだ里親を探している。迷う事なく受け入れました。先生のお言葉どおり、
我が家の一員に…なんと、先代と血の繋がりのある子だったんです。今度はこの子の前の暮らしと、好きな事 嫌いな事 今の暮らしを
どう感じているのか…今後の暮らしのヒントになる事を教えていただきました。
写真や携帯の中の写真もみてくれます。なので、お空に逝った家族 猫たちのこともお聞きできました。
1時間という長いようで短い時間。
お聞きしたい事をメモしてから参加された方がお話はスムーズに進むと感じています。
後からあーあれも聞けば良かった…なんて事にならないように。
こうして3度のアニマルコミュニケーションを体験しましたが、先生にお会いして、愛犬との暮らしが、より一層 幸せな時間となるヒントをいただけました。
このような機会を与えていただけた事 BERNさんに感謝です ありがとうございました。

まずは、アニマルコミュニケーターのセッションが気になっている方の参考になればと思います。
ご興味を持たれた方は、ご相談下さい。

 

PAGE TOP